忍者ブログ

ミリタリーな戯言と独り言

軍事系戯言の坩堝
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/05 チョッパー]
[03/02 ichi]
[03/01 チョッパー]
[03/01 ichi]
[03/01 チョッパー]

2017/10/24
00:18
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/21
23:53
EOtech 552A651

200810211721000.jpg少し前まではダットサイトといえばエイムポイントが人気だったが最近になってEOtechのホロサイトがかなり注目されている。
独特の外見とこれまた独特のレティクルと先のイラク戦争の米軍やPMCが使っていたことなどでエイムポイントを差し置いてCoD4に出たり多くのレプリカが販売されている。ちなみに現在EOtechのホロサイトは密輸事件で日本人がパクられたおかげで流入量が激減、価格が高沸しているのがコイツはどうにか安い(普通の)価格で入手できたものだ。ちなみにもう少し価格が安いくて小さいリチウム電池のものもあったが今回は後々のこと(電池の値段)を考えて単三電池のタイプにした。

P1000064.jpgここでダットサイトとホロサイトの違いの解説だがダットサイトがLED光を使用するのに対してホロサイトの“ホロ”とは某廓言葉を話す狼ではなく「ホログラム」のホロであり、レーザー光で像を形成していて、その証拠にサイト本体にはレーザー使用を示す黄色いシールが張られている。ちなみに外周のリングはリングを投影しているのではなくレーザー一点一点によるいわゆる“点描”で作られている、そのためジリジリと言うか細かい隙間があるように見える。
操作は左右いずれかの矢印ボタンを押せば点灯して左右を同時に押せば消灯、↑ボタンで光量アップ↓ボタンでダウン、真ん中のNVボタンを押せばNV(暗視)ゴーグル用モードになるが当然肉眼では何も見えない(笑)ちなみにNVモードのない安い型もあるのだがそれが売り切れていたのだからしかたない
真ん中の点の周りにリングのある独特のレティクルだがこれは通常は中点を使いとっさに近距離で使う場合はリングでサイティングするためのものだ。しょぼい携帯カメラの画像なのでボケてるがレティクルはかなりくっきり投影され、視界もレンズ越しとは思えないほどクリアで空中にレティクルが浮いているようである。またサイト本体は厚さ約2ミリの金属製フードで覆われている(ちなみに梨地でレールに固定するネジを巻くときに爪が削れる・・・)
やはり安物のレプリカとはまったく次元が違い、半分は自己満足だがやはり買って損はなかった。(と思っている)
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

良い品物ですね
2008年10月22日水

爪が削れる程の加工はなかなか良いですね(笑)
画像のレティクルは、サッと100㍍先が狙えそうです。
ナイトビジョンのモード有りとは実用品なんですね。
戦闘機の照準みたいで、私も欲しいです゚ー゚

無題
2008年10月22日水

出来のよさは米軍等に卸しているので当然と言えば当然ですね、ただ安くて付けてるエアガンが3つ買える値段が一番のネックですね(笑)
NVモードは夜戦をやらないのとナイトビジョンが無いので無用の長物となる可能性大です。
原理的にはダットサイトも戦闘機の光像式照準器と同じでがホログラムだとへぼ携帯カメラの画像と違いにじみがないのでかなり輪郭がクッキリ映りますね

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら