忍者ブログ

ミリタリーな戯言と独り言

軍事系戯言の坩堝
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/05 チョッパー]
[03/02 ichi]
[03/01 チョッパー]
[03/01 ichi]
[03/01 チョッパー]

2017/11/24
20:15
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/20
20:03
プラモのすゝめ改~雷電二一型~

第二回目プラモのすゝめ改はハセガワの局地戦闘機雷電二一型

P1000027.jpg

P1000028.JPG

この雷電はエアブラシにかなり慣れたころに作ったので個人的にはそ~と~いい出来になってる。(自己満足)上面の暗緑色は半光沢のあるタミヤエナメル暗緑色2を吹いてから暗緑色を吹いたせいか濃い目というかなんとも言えない色に仕上がっている。機内色はタミヤエナメルのコックピット色で仕上げ、マーキングは第302海軍航空隊第1飛行隊、プロペラは完成時の迫力を考えて高空用プロペラにした。

ここからは実機の話よん

82ed1dd1.jpgd9a39ec3.jpg雷電二一型は先に生産されていた一一型にラバウルのパイロット達の意見を取り入れて武装を7.7機銃×220ミリ機銃×2から九九式2号20ミリ固定銃×2九九式1号20ミリ固定銃×2に強化したもの(以降20ミリ機銃×4は海軍機の主流になる)で、雷電の機銃が対重爆用に上方に傾けられているのは有名で、実際の角度は4度だったそうだ。

雷電はその形状から運動性能は悪そうに思われるが舵の効きはよく、ファウラーフラップをうまく使用すれば良好な運動性を発揮したとか・・

ちなみに軍用機画像のリクエストまだまだ募集中

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら