忍者ブログ

ミリタリーな戯言と独り言

軍事系戯言の坩堝
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/05 チョッパー]
[03/02 ichi]
[03/01 チョッパー]
[03/01 ichi]
[03/01 チョッパー]

2017/11/24
20:16
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/02/09
17:51
試作機の魔窟№.011 ノースアメリカンNA-73

マスタングは低空から現れ低空に帰す

NA-73.jpg

 

 

 

NA-73なんて言っても大概の人には伝わらないだろうから分かりやすく言えばP‐51マスタング(ムスタングか?)の米英両方向けの原型機だ。英国ではドイツがいきなり戦争始めてしかもありえねー速度で隣国を次々侵攻したおかげで気付いたときにはドイツ軍はドーバー海峡を挟んで目と鼻の先の距離にいた。しかもスピットはまだ数が揃ってなかったし補助とは言え一部戦線だとグラディエーターまで戦ってて新鋭Bf109に対抗できるような戦闘機が決定的に足らなかった。そこで戦争には参加してないけど味方な米国に使節団(P-38のときのあれだな)を送って比較的よさげなP-40を輸入しようとした。したのはいいんだけどP-40が米陸軍に配備されたのが40年中ごろで生産元のカーチスは米陸軍への納品でいっぱいいっぱいだったから当時中小メーカーだったノースアメリカンにライセンス生産させようとしたらノースアメリカンは「同じアリソンエンジンでP-40より高性能な戦闘機を作ってやる」と言った。そもそもP-40自体が前に作ったP-36ホークを発展させた言わばやっつけ仕事的なものだったから同じ年代の戦闘機と比べてもあんまパッとしない戦闘機であって戦闘機なんか作ったことなかったがどうもノースアメリカンには成功させる自信があったらしい、それで英国使節団も最初はかなり怪しがってたけど最終的には320機の発注を条件付で引き受けたんだと、それでその条件が1.120日以内に原型機を完成させる2.P-40の設計データを買って参考にすること3.P-40より(当然だが)高性能なこと、データと性能はいいとして当時で普通に戦闘機を作るとしたら最低でも1年以上はかかるから開発期間120日はかなり短かった、きっと最初から作れるわけないと思った英国紳士らしい陰湿ないじめだろう、でもノースアメリカンは作ってしまった。しかもラジエーターを胴体下に付けるとか層流翼を使うとかして話は前後するもののスピットファイアの低空型よりも高性能だったし航続距離もかなり長くてそれで試作1号機は燃料コックの切り替えミスで墜落しちゃったものの性能は良かったから英国は防弾とかを強化したNA-83をもう300機追加したりした、ちなみに米はどうしたかというと一応興味はあったらしくて2機をXP-51アパッチの名前で受け取ったものの適当に調べた後は倉庫に押し込まれていた。それと、最初から完璧だったわけじゃなくてそもそも積んでるアリソンエンジンが高々度で弱い上に機体重量が重かったから上昇速度と上昇限度が悪くて高空だとまったく使えなった、あと視界(特に後方視界)も劣悪でかなり酷評されていたそうだ。ただ、低空性能は卓越していたから低空でも問題ない対地攻撃機として(このへんタイフーンとかエアラコブラと同じだな)活躍して最初の空戦戦果としてFw190を撃墜したりしている。そのころ米国だと日本海軍に真珠湾(正確には真珠港らしい)とフィリピンを攻撃されて機動部隊を除く太平洋艦隊と航空戦力が壊滅、しかも当時の陸軍の主力戦闘機は性能の低いP-40と性能はいいけどコストの高いP-38だけだったからかなりあせっていろんな会社に戦闘機を作らしたりしているうちにちょっと前に適当にテストしてしまいっぱなしにしていたXP-51を思い出したようでこれを引っ張り出してテストしてたところかなりの高性能でこれにビックリした米陸軍は生産中のマスタングMk.ⅠA(英国用)を自軍用にぶん取ってして急降下爆撃機型も発注している、前のテストはよっぽど適当だったんだろうか

それから米軍のP-51は北アフリカ戦線でデビューしてエンジンをアリソンから英国のマリーンに換装してから劇的に性能が上がって米国でもライセンス生産をして、癖が強くて航続距離の足りないP-47に変って爆撃機の護衛戦闘機としても活躍したのはご存知の通りだろう、ただしP-51は元々高々度迎撃機のP-47と違ってターボチャージャーを積んでいなかったから高々度を飛行できなくて護衛される爆撃機もそれに合わせて飛んでいて、つまり逆にいうとP-47が低空で対地攻撃をするのもまた間違っているということなんだろうか?それで50年に起こった朝鮮戦争では本当はP-47を使いたかったそうなんだがあんなに作った(1万5683機)はずなのに残ってなくて仕方なく搭載量が少なくて液冷で被弾にも弱かったもののP-51が対地攻撃機として使われたんだそうだ。ちなみにP-51がはじめて極東戦線(いわゆる太平洋戦線ね)に配備されたのが昭和18年11月のビルマで、ミンガラドン基地に展開していた陸軍の飛行六十四戦隊の一式戦と初交戦したものの7機中3機が撃墜されてしかもこの地方に進出したばかりの第311戦闘爆撃航空郡司令のハリー・ミルトン大佐が捕虜にされる大失態を犯したとか

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

無題
2007年02月10日土

「マスタング」大好きです!
でも、自動車業界で長く働いていたせいで、最近はついフォード社の「マスタング」の方を先に思い出してしまいます・・・orz

無題
2007年02月10日土

マスタングはマスタングで好きなのですがやっぱりエアラコブラとかマッキシリーズとかみたいなどこかダメなのが一番好きですね(笑)
やはりこういう文章を書いてるようにひたすら斜め方向から見ているおかげですね

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら